ちょっとの手間で時短!効率的に家事をするワザ

>

下準備の重要性

何から準備すればいい?

重い腰を上げたのは良いけれど、家事はすぐに出来るものとそうでは無いものがあります。前者の場合、ある程度準備が必要なのでその間にモチベーションが下がってしまうケースもあります。そうならない為にも家事には下準備が必要です。
収納するにしても掃除道具は出しやすい場所に置いたり、タオルやふきんなどはフックにかけたりしてすぐに手に取れる状態にしておいたりすると手間をかけません。お風呂やトイレで使うスポンジやブラシは可愛らしいインテリアに紛れ込ませると生活感が出ませんし、コンパクトなタイプは場所を取らないのでスムーズに掃除を始められる優秀グッズです。
初心者こそ事前の下準備をしっかりすれば、より効率的な家事が出来ます。

喚起をしっかりするのがポイント

朝起きてから支度を済ませる。家事をする前に窓を開けて十分な喚起をする。一見当たり前の動作ですが、これはとても重要なポイントです。喚起はホコリや小さなゴミ、そして湿気を飛ばしてくれるので効率化に繋がります。
しかも新鮮な空気を吸うと脳がアクティブモードに切り替わるので、やる気がみなぎるのも効率化に貢献してくれる重要なポイントです。
また湿気が多いと家具が傷むのが早くなったり、カビの発生を促したりしてしまうので家事に手間がかかってしまう原因になります。窓やドアを開けられないと言う家庭は換気扇をつけるだけでも変わるので、出来る限り新鮮な空気を取り込んで家事をして下さい。ほんのちょっとの手間が大きな効率化に繋がります。


この記事をシェアする