ちょっとの手間で時短!効率的に家事をするワザ

>

さっそく実践してみよう!

家事動線を短くするコツ

何か一つ家事をする場合でも、何度も同じ場所を往復するのは効率的とは言えません。生活動線は主に人が生活する際により無駄の無い間取りにする時に使いますが、家事動線は家事をする際に如何に効率的に動けるのかを指します。
家事動線を短くするコツは自宅の間取りだけでは無く、事前のスケジューリングです。Aをやっている間にBを済ませると言った簡単な内容で構わないので、一つの場所で多くの家事が終われる様に決めて置けば時短に繋がります。
このスケジュールを決める場合、まずは同じ場所で同じカテゴリの家事が出来るか、出来ないのなら他カテゴリではどうか?といったトライアンドエラーを繰り替えして、自分の中でしっくりくる家事スタイルを見に付けて下さい。

ズボラさん必見!ゆる家事のコツ

「頑張り過ぎない事。」は怠ける事では無く、自分のキャパティシィを超えない様に調整すると言う意味です。効率的な家事は時短やストレス軽減にも繋がりますが、自分のキャパを超えた家事を続けていると疲れてしまいます。それが重なって家事が嫌いになり、全くやらなくなるケースもあるので頑張り過ぎない「ゆる家事」が注目を浴びています。
見えている場所や動きのある場所、水回りだけといったスポットを絞って家事をする事を指し、日中は仕事をしている方はもちろんですがズボラさんにも必見です。
この家事は一点集中型も出来ますし、何かをしながら「ついで」に出来るので自分がやりやすいと思った形式をルーチンにしていけば負担はありません。


この記事をシェアする